メラビアンの法則

恋愛心理学

メラビアンの法則とは?

メラビアンの法則は、恋愛と関係がある心理学で一番有名と言っても良いのではないでしょうか。

初対面の人について「視覚が55%、聴覚が38%、言語が7%」で判断するという法則です。
(厳密に言えば違いますが、恋愛心理学においてはこう言う人がたくさんいます)

つまり第一印象は見た目や喋り方が一番重要で、喋っている内容(言語)は7%しか関係ないという事です。

アメリカの心理学者であるアルバート・メラビアンが1970年代に検証実験をして提唱しました。

メラビアンの検証実験

上で、初対面の人について「視覚が55%、聴覚が38%、言語が7%」で判断するという法則です。

と書きましたが、心理学を知っている人に、「いや、それはメラビアンの法則の間違った解釈だよ」とツッコまれそうなので書いておきますね。

実際のメラビアンが実験したのは「言っている事と態度が逆の場合、人間はどこを重視するか?」というものです。

具体例をあげると。

「その事は気にしていないです」と暗い表情とトーンで言った場合(内容と態度が矛盾している場合)。
「言っている内容、つまり言語」「見た目」「声のトーン」のどれを重視するかを検証してその割合を調べました。

想像していただければ、分かると思いますが言語よりも、他の部分を重視すると思います。

これが恋愛心理学の本ビジネス心理学などで「人は9割以上で非言語的なコミュニケーションを重視する」と広まりました。

厳密には違いますが、初対面で人はどこを重視するかにも当てはまっていると思うので、これから私が書くのは初対面の印象の方で書きます。

初頭効果

恋愛においてのメラビアンの法則は、心理学でいう初頭効果と混ざったモノのようです。

初頭効果というのは、最初に受けた印象は、その後にも影響を与えるという事です。

なので第一印象は重要なのです。

 

メラビアンの法則を恋活・婚活に活かすには

この法則を知って「私は見た目に自信がないからダメじゃん」と思わないでください。

人間にはそういう法則があるけど、それを知って活かさないと意味がないです。

どう活かすかを考えました。

視覚について

第一印象は視覚から得る情報が半分以上なので、一番気を使う所です。

見た目と言われると、顔の良し悪しと思われるかもしれません。

それは、なかなか変えるのが難しいので、服装や髪型に気を使いましょう。

恋活・婚活に関して言えば、自分の趣味よりも、一般的に男性に好かれる服装や髪型にした方が良いです。

結婚相談所に来られる女性で「自分の雰囲気を変えたくない」とおっしゃる方はたくさんいます。

ご自身では「メガネをかけて知的な読書好きな印象」と思っていたとしても、相手からは暗い人と思われてしまいます。

すごく似合っている場合もあるので、すべて否定はできないのですが、おしゃれをしている雰囲気の方が異性から好かれる可能性が高まります。

ファッション誌を参考にするよりも、百貨店に行って店員さんにコーディネートしてもらうのが一番簡単だと思います。

髪型はファッション誌から、美容師さんと話し合って決めるのが良いと思います。

聴覚について

視覚の次に大事なのが、聴覚からの情報です。

声のトーンや話す速さや話し方は、みんな違います。

声が小さい、暗い、早いですと言っている内容が良くても伝えきれません。

好印象の喋り方も練習でうまくなっていくので、あいさつ等から練習してみると良いと思います。

まとめ

メラビアンの法則についてなんとなく分かって頂けたでしょうか?

コミュニケーションにおいて、言っている内容より、仕草や態度がいかに重要かという事が分かっていただけたと思います。

喋り方などは、すぐには変えられないと思うので、婚活・恋活をしながらベストな状態にもっていくのが良いと思います。

今の自分のままの自分を好いてくれる人がよいという考えもありますので、くれぐれも無理はしないでください。

人の目を意識しすぎて、婚活疲れをしてしまう人もたくさいんいますので、あくまでちょっと試してみよう程度で意識してください。

タイトルとURLをコピーしました